社会人

金利を確認

収益物件の利回りは低下中

収益物件の価格が上昇しています。収益物件の価格は、賃料÷利回りで求めることができるのですが、この利回りが低下していることが主な原因です。賃料が一定であるならば、利回りが低下するということは、収益物件の価格が上昇することを意味します。ではなぜ、利回りは低下しているのでしょうか。 これについては、アベノミクスにおける大胆な金融緩和による長期金利の低下が影響しているものと考えられます。不動産投資を行う投資家は、通常、金融機関からの融資を受けて収益物件を購入することが一般的です。長期金利の低下の影響を受けて、借入金の返済金利が低いことから、借入金の月々の返済額が少なくなることとなり、高めに物件購入価格を設定できるようになったと考えられています。

価格が上昇しているときは投資を見送る勇気も必要

しかしながら、金利動向は常に一定ではありません。歴史的にみても、金利水準は上昇と低下を繰り返していますし、現在の金利水準が未来永劫続くわけでは決してありません。 金利が低いからといって、安易に不動産投資を積極的に行えば、失敗の原因となります。もし、金利が上がってしまえば、入ってくる賃料よりも金融機関への返済金額のほうが上回ってしまい、資金繰りに窮するという失敗事例はいくらでもあるのです。 したがって、過熱状況にある不動産投資市場では、あえて投資を見送るという勇気も必要となってくるのです。「不動産投資しない」という決断が失敗を回避することにつながるのです。 どうしても欲しい物件なのに、投資を見送るというのは大変難しいものです。しかし、不動産投資の失敗は、即時に資金繰りを逼迫させ、取り返しのつかなくなるリスクを内在している以上慎重に対応する必要があるのです。